マンションの窓の目隠し対策。風通しが変わらない、網戸に付けるエアリールーバーが万能だった

公開日:
マンションの目隠し対策。仕事部屋が丸見えだった

在宅ワークのフリーランスとして5年目をむかえ、今年に入って間取りの広い部屋に引っ越した。1つの部屋をまるごと仕事専用として使えるようになり、自宅での職場環境が大幅に快適になった。

窓を開けると風通しがよく、エアコンの稼働を必要最小限に抑えられるほど。春や秋は窓を開けっ放しにして過ごしたいのだが、それができない事情がある。

抱える問題点

網戸だけでは部屋の中が丸見えになってしまう。完全にプライバシーが保護されていない状態。

網戸だけでは部屋の中が丸見えになる

少しくらい見えても……と許容できないほど、パソコン画面がしっかり見えてしまう。ほぼ人通りが少ない場所ではあるものの、玄関先から丸見えなのは許容できない。

仕事に集中しているときは、宅配便以外のインターホンは無視したい。だからこそ余計に、部屋で作業している様子が見えるのは好ましくない。

また外が暗くなると、部屋の中がもっと鮮明に見えてしまう。夜は絶対に窓を開けられない状況だった。

エアコンを使わず過ごしたい

せっかく窓を開けると心地よい風が入ってくるのに、窓を閉めてエアコンで空調しないといけないのは効率が悪い。僕が求めているのは次の3点。

  • 外から部屋の中が見えないこと
  • 風通しが悪くならないこと
  • 目隠しで外の明るさが遮断されないこと

他の部屋ではどのような対策をしているか確認したところ、すだれを付けている家が圧倒的多数だった。窓に格子がついているため、取り付けは簡単だ。しかしデメリットが大きすぎる。

  • 風通しが悪くなる
  • 光を遮る効果が強く暗くなる
  • 外から覗き見されているか分かりづらい

値段は安く抑えられるが、理想的な方向性ではない。

多少のコストは許容範囲として、もっと完璧なアイテムがないか探したところ、僕の要件にぴったりの製品を見つけた。

窓の目隠しと風通しが完璧なアイテム

今までどうやってもマンションの廊下側から丸見えだった仕事部屋。この細かい格子状のアイテムを組み合わせるだけで、

網戸の目隠し専用アイテム

外から何も見えなくなる!

エアリールーバーを付けた後

上の写真は、このアイテムを装着して窓を全開にした様子。左側に窓を寄せ、右側は網戸の状態だ。このように目隠し効果があるだけでなく、風通しが悪くならないのが最大の特徴。

これ、すごいぞ!

安心して窓を開けっ放しにできる日が来ると思っていなかったので、こんなにも効果的な目隠し効果を得られたのは感動した。見栄えは少しいまいちであるものの、窓を全開にできる開放感に勝るものはない。もうこの日のために、網戸の隙間問題を解決したようなもの。

購入したのはこちらの製品だ。

網戸につけるエアリールーバー

エアリールーバー12枚入り

1枚あたり 19cm x 19cm で厚みが 4mm ある。専用の取り付けピンを使って、網戸に直接固定できるのが最大の特徴。初心者でも簡単に取り付けられる。もしかしたら、すだれより簡単かもしれない。

ルーバーとは、戸建ての庭などの目隠しに用いられるもので、金属素材や木製の板が斜めに並ぶことで、空気の通り道も確保される。仕組みはブラインドと似ている。

アップにすると、その様子がよくわかる。

エアリールーバーをアップで撮影

風通しが悪くならないのは、容易にイメージしやすい。でも、こんなもので目隠し効果が得られるのか?僕も購入するまでは疑問が拭えなかった。

エアリールーバーの目隠し効果を検証

ブラインドと同じで、角度をつける方向によって効果が変わってくる。どの方向でつけるべきか、効果の検証も兼ねて予めチェックしておく。

1枚目は部屋からの様子。エアリールーバーの向きを変えて左右で並べる。左側は手前に向かって角度が下がっている状態、右側は奥に向かって角度が下がっている。

向きを変えてエアリールーバーを並べる 部屋の中から見た様子

左側のほうが目隠し効果が得られているように思えるが、外から見ると状況は一変する。

先ほどの目隠し効果が、真逆になってしまった。これは構造上、ルーバーの角度が斜めになっているため、上から覗き込むか下から覗き込むかで得られる目隠し効果が変わるのだ。

向きを変えてエアリールーバーを並べる 部屋の外から見た様子

つまり立った状態で見えるもの、しゃがんだ状態で見えるものが変わってくる。その特性を上手く利用することで、目隠し効果が得られるようになる。

エアリールーバーの取り付け方

エアリールーバー1枚に対して、取り付け用の穴が8箇所開いている。なぜ上下に2箇所ずつなのかは、後半で詳しく解説。現段階ではどちらの穴を使っても良い。

エアリールーバーを網戸に止める穴

その穴に専用の取り付けピンを刺して、そのまま網戸の網まで貫通させる。

エアリールーバーの取り付けピン

するとこのように網戸の穴を利用して、エアリールーバーが固定される。ピンが抜けないように網戸の穴が少し広がるものの、ピンを外した跡は爪楊枝など先の細いもので元の状態に戻せるのがポイント。

エアリールーバーの取り付けピンを刺したときの網戸の様子

この時、内側からピンを押し込むだけでは奥まで入らず、ピンが浮いた状態で止まってしまう。

必ず網を押さえながら、エアリールーバーと密着させてピンを押し込むのがコツ。下の画像のようにピンが浮いていると、風でエアリールーバーがガタガタしてしまう。

エアリールーバーの取り付けピンが浮いた様子

詳しい取り付け方は、公式サイトを参考にするとわかりやすい。

設置後の様子

まずはお試しも兼ねて購入した、12枚セットを取り付けた結果がこちら。

エアリールーバーを取り付けた窓から人が覗いている

よく見ると、部屋の中から妻が覗いている。誰かが見てると思うと怖いけど(笑)、外から見る限りはあまりよくわからない。

実際には外側に向かってルーバーの角度が下がるように、このような向きで設置している。部屋の中からは外の様子が見えるが、外から部屋の中を見下ろすような角度だと全く見えなくなる。これがルーバーの効果なのだ。

エアリールーバーを設置した向き

しかし12枚だと網戸1枚全てを覆えない。上部は目隠ししなくても、覗かれる心配はほぼない。右側の隙間はカーテンを寄せておけば、部屋の内側から見る限り気にならない。

それでも、うっすらとモニターらしきものが点いている様子はわかる。

エアリールーバー12枚設置後の様子

せめてモニターだけは完全に見えないようにしたい。

そこでエアリールーバーの持つ、目隠し効果をレベルアップさせる機能を活用すべく、更に12枚セットを追加購入。ついでに空いている上の隙間も埋めることにした。

ちなみに楽天でも購入できるが Amazon に比べると圧倒的に値段が高い。転売品である可能性が高く、購入するなら Amazon 一択だ。

目隠し効果をレベルアップ

前述で軽く触れたが、エアリールーバーは取り付けピンの穴が上下2つ並んでいる。この2つの穴を利用すると、2枚重ねて設置できるようになる。1枚目は上の穴、2枚目は下の穴を通すイメージ。

エアリールーバーの取り付けピン用の穴

2枚重ねると、1枚の時よりルーバーが深くなる。そして、水平時に目隠し性能が著しく向上するのだ。

エアリールーバー1枚だけ設置した場合、少し隙間から光が漏れる

エアリールーバー2枚重ねて設置すると、目隠し効果が大幅アップ

日中、夜と時間帯による見え方を確認した上で、最終的に6枚分のエリアだけ2重構造にした。追加の12枚セットで、上の部分の隙間を埋めることもできた。

2重にした効果で、部屋の内側から見ても外の様子がわからなくなるほどに。

エアリールーバー最終形

ルーバー構造により風通しはほぼ変わらず。外の明るさもそのままキープしている。

カーテンで隠れてしまう左端の隙間は、余ったルーバーをカッターで切断して取り付けた。切断箇所の表と裏に、カッターで切れ込みを入れると手で割れるようになる。

ただしルーバー自体は薄くて割れやすいため、切れ込みは少し深めに入れると良い。

エアリールーバーを切断

一般的な網戸の規格だと、19cm 四方のエアリールーバー4枚で横がぴったり収まるらしい。それでも窓によって網戸のサイズは異なるから、購入する際は必ずサイズを測るのをおすすめする。

マンションの廊下から丸見え問題を解決

網戸状態だと丸見えだった部屋が

網戸だけでは部屋の中が丸見えになる

エアリールーバーで、窓を全開にしても完璧にプライバシーが保護される状態になった。

エアリールーバーを付けた後

そしても僕が求めていた3つのポイントを完璧に満たしてくれる。

  • 外から部屋の中が見えない
  • 風通しが悪くならない
  • 外の明るさは維持したまま

使用する上での注意点

僕にとって完璧ではあったけれど、人によってはダメと感じるかもしれない部分を最後に挙げておく。購入を検討する方は、こちらも参考にして欲しい。

取り付けピンを通すと網目が広がる

エアリールーバーの取り外しは、ピン単体ではなくエアリールーバーの土台と一緒にゆっくり外せば、そんなに力を使わず外すことが可能。ただしピンを外したあとは、このように網目が広がってしまう。

網目が広がった網戸

網戸の網は、ナイロンの糸が隙間を開けて互い違いに縫われているだけなので、爪楊枝など先の細いものを使えば元の状態に戻せる。広がっても心配する必要はない。

ピンが飛び出る外観

網戸にピンを通して取り付ける構造であるため、外側から見るとこのように先端があちこちで飛び出している状態になる。

エアリールーバーの取り付けピンがはみ出している様子

外からの見た目は美しくない。でも外から自身の部屋を除く機会はほぼないから、気にするほどではないし、時間が経つと慣れる。

網戸にピッタリサイズではない

網戸のサイズが様々なであるため、エアリールーバーで 100% 覆うのは難しい。僕の環境でも 95% くらいのカバー率だ。

エアリールーバーを全面につけるも、右側に隙間ができた状態

右上に隙間が空いているものの、この真後ろにカーテンがあるので問題ない。覗こうと思っても覗けないから、不完全っぽく見えるけれど目隠しが必要な範囲は 100% カバーしている。

僕にとっては大満足な製品だった

仕事部屋を快適な環境にしつつも、プライバシーをどう守るのか。部屋が丸見えだったのは、僕にとってクリティカルな問題だった。

しかしエアリールーバーのお陰で、風通しや窓からの明るさを維持したまま、プライバシーを守る目隠し効果が得られた。もしかしたら今年買ってよかったもの No.1 かもしれない。それくらい買って大正解なアイテムだった。

同じような悩みを盛っている人には、ぜひおすすめしたい。きっと期待通りの効果が得られるはずだ。

この記事をシェアする