TOKYO2020 夢の大橋の聖火台を見に行く #GX7MK3

更新日: 公開日:2021/09/22
TOKYO2020 夢の大橋に設置された聖火台

2020年東京オリンピック。大坂なおみ選手が、最終聖火ランナーとして聖火台へ灯す。しかし新国立競技場には、聖火台を常設できる置き場所がない。

設計段階で考慮されていなかったり、仮に設置しても消防法に抵触したりと、大会前から話題の耐えなかった聖火台。最終的にオリンピック・パラリンピック大会期間中は、別の場所に聖火台を移して、誰もが見られる状態にしていました。

その場所が、お台場と有明を結ぶシンボルプロムナード公園の中にある夢の大橋です。

普段どこへも出掛けず、在宅勤務が続く日々。オリンピック開催都市に住んでいるだから、せめて聖火は見たい。そこで空いている平日の夜を狙って、カメラを手に取り有明まで車を走らせてきました。

大会が終わった現在、夢の大橋の聖火台は撤去済み。2022年10月に改めてシンボルプロムナード公園内に、有明聖火台として再設置されています。

写真でつづる夢の大橋の聖火台

有明方面から現地へ向かう

東京ビックサイト近くの TFT ビルに車を停めて、夢の大橋に向かいます。ボランティアなのか、所々に大会スタッフが立っています。会場への誘導や、路上駐車しないよう車を見張っている感じでした。

人はまばら。全く混んでいません。夢の大橋に近づくと、遠くからでも火の揺らめきが見えました。

夢の大橋に向かう道中 聖火台の火が見えてきた

聖火台の周りには柵があり、一定の距離までしか近寄れません。危険物を取り扱っているせいか、スタッフのほかに警備員や警察官も立っています。

大観覧車を背景に

有明サイドから撮影すると、左手にパレットタウンの大観覧車が写ります。

TOKYO2020 夢の大橋の聖火台とパレットタウン大観覧車

TOKYO2020 夢の大橋の聖火台とパレットタウン大観覧車

この大観覧車は定期借地権の契約終了に伴い、2022年8月末で営業終了を迎えます。個人的にいろいろと思い出がある場所ゆえ、なくなると思うと感慨深いです。

水素で燃える聖火

TOKYO2020 夢の大橋に設置された聖火台

この聖火を燃やしている燃料には、オリンピック史上初めて水素 (H2) が用いられました。燃えて酸素 (O2) と結合しても、二酸化炭素ではなく水 (H2O) しか排出されない、次世代のクリーンエネルギーです。

しかし水素は燃えても無色透明です。そのため、金属の炎色反応を利用して炎に色をつけています。聖火トーチも同じ仕組みで、水素エネルギーが用いられていました。

TOKYO2020 夢の大橋に設置された聖火台

展示用の聖火台は小型サイズ

夢の大橋に展示された聖火台は、新国立競技場のものとデザインは同じですが、大きさは異なります。直径 1.2m 高さ 90cm と、概ね3分の1程度のサイズでる。

あまり前情報を入れずに現地へ行ったものだから、開会式で使われた聖火台と同じものが置かれていると勘違いして「聖火台ってこんなに小さかった?」と違和感を覚え、検索結果を見て妻と大爆笑したのはここだけの話。

聖火台のサイズは小さいけれど、灯された炎が聖火であることに変わりありません。

佐藤オオキ氏によるデザイン

TOKYO2020 夢の大橋に設置された聖火台

聖火台のデザインは、太陽がモチーフです。球体が花のように開くことで、生命力や希望を表しています。デザイナーは佐藤オオキ氏で、ローソンの自社ブランド製品のパッケージデザインが話題になった記憶はまだ新しいです。

余談ですが、以前紹介したレムノスの掛け時計も、佐藤オオキ氏のデザインによるものです。

マスコットキャラがお出迎え

有明方面に真っ直ぐ戻った先には、ミライトワとソメイティのフラワーモニュメントが設置されていました。この時は一通り花が咲き終わった後だったらしく、もっと全体的に咲いていたタイミングがあったようです。

TOKYO2020 マスコットガーデン ミライトワとソメイティのフラワーモニュメント

TOKYO2020 開催後の聖火台の行方

オリンピック・パラリンピックが終わると、聖火台はその役割を終えます。夢の大橋に設置された聖火台は、有明聖火台 としてシンボルプロムナード公園に恒久設置する計画が立てられています。

有明聖火台の保存案
  • 大会終了後は東京都がレガシー管理する
  • 設置場所はシンボルプロムナード公園(石と光の広場横)
  • 恒久的に設置する予定
  • 再設置時期は令和4年中【* 再設置済】

設置場所は、ミライトワとソメイティのフラワーモニュメントが設置されていた場所です。パナソニックセンター東京の近くで、りんかい線の国際展示場駅または、ゆりかもめ東京ビックサイト駅から歩ける距離です。

東京オリンピック2020大会を実施した証として、聖火台が残されたのは良かったです。タイミングを見計らって、また撮影しに行きたいですね。

この記事をシェアする

About me

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくり。

プロフィール詳細