Lemnos dandelion を購入。シンプルでおしゃれ、ミニマルなデザインの掛け時計が好き

公開日:
Lemnos dandelion を購入。シンプルでおしゃれ、ミニマルなデザインの掛け時計が好き

アナログ時計が好き。だから腕時計はゼンマイ式のクロノグラフ。

パソコンやスマホがあれば、時計なんかいらない。そんな考え方もできるけど、一日中パソコンに向かって作業をしている僕にとって、感性を失わないためにもアナログ的なものに触れる機会を大切にしている。

でも一日のうち最も長い時間を過ごす、自宅の仕事部屋には時計がなかった。視界に入っても邪魔にならない、数字が記されていないシンプルな時計が欲しい。

そこで見つけた Lemnos の dandelion ダンデライオン。

富山県にある、時計を中心に扱っているインテリアメーカー「タカタレノムス」から販売されている。

おしゃれなデザインに一目惚れ

シンプル、ミニマル、クール、ポップと、いかようにでも表現できるこの時計。癖のない魅力あるデザインにひかれて購入に至った。

デザイナーは nendo の佐藤オオキさん

時計の裏面にある designed by nendo

時計の裏には designed by nendo と記されている。

この時計をデザインした nendo の佐藤オオキさんは、2020年5月に一新されたローソンのプラベートブランドのデザインに携わったことでも有名な方。簡素化されたデザインに、パッと見てわかりづらいと話題にもなった。しかしそれはあくまでも一部の意見であり、ローソンブランドを再構築するために一役買っている。

目立ちすぎるデザインは情報過多になりやすい。と、既存の商品アピールが強いデザインを廃止することで、ローソンが掲げている企業理念の人や環境への優しさに寄り添ったものになった。

タンポポの綿毛が数字の代わりに

この dandelion は2014年にデザインされた作品。nendo の公式サイトには次のように説明がある。

数字の代わりにタンポポ (=dandelion) の綿毛の本数によって時刻を伝える掛け時計。綿毛がふわふわと風に舞い散るように、流れ続ける時を表現した。

dandelion | nendo

Lemnos dandelion 文字盤の綿毛

離れると綿毛の本数は数えられないけど、近づくと仕掛けられたデザインが見えてくるのがお気に入りポイント。

カバーされていない時針と分針

この時計は風防カバーがない。時針も分針も剥き出し状態だ。

カバーの無い外観で時針と分針がむき出し状態になっている裸剣時計

カバーがないことで、この時計が持つマットな質感が際立つ。とてもいい感じだ。

それだけでなく、照明による光の反射が起こらない。ゆえにどの角度から見ても、時刻がくっきり見える。この利点は時計を購入してから気がついた。

カラーバリエーションは3色

購入時に一番迷ったのが色の選択。ベージュ、グレー、ホワイトと、順応性が高いカラーで展開されている。あまりに迷い過ぎて、全色買って自宅の時計を全て入れ替えようか本気で考えたほど。

Lemnos dandelion カラーバリエーション

設置するのは仕事用の部屋なので、一番落ち着いた雰囲気のあるベージュを選択。設置すると雰囲気はイメージ通りで大正解。他の色を選んでも、部屋との相性は良さそうだ。

Lemnos の時計を仕事部屋に設置

デザイナーがわかる Lemnos の時計

Lemnos タカタレムノス

この dandelion に限らず、Lemnos はデザイン性の高い時計がたくさんラインナップされている。しかも公式サイトをチェックすれば、それぞれの作品のデザイナーがわかるようになっているのが特徴的だ。他にどのような作品を作っている人が手掛けているのか、違った視点から商品を選ぶのも楽しいと思う。

Lemnos タカタレムノス 商品ラインナップ

使用感

構造は至ってシンプルなアナログ時計

単3電池1本で動く単純なムーブメント。本体には裏蓋がついている。

Lemnos dandelion 裏面

秒針のないモデルだがジリジリ動くタイプの時計ではなく、耳を近づけると若干カチカチ音がする。

生活音にかき消されるような環境であれば、おそらく気にならない。実際に僕が設置した仕事部屋は、外から入る環境音でカチカチ音は全く聴こえない。

付属のネジは賃貸に不向き

本体の付属品は、単3電池とネジが1本。壁掛け用のネジは賃貸に不向きな太さだった。そのため、細いピンを3本刺して固定する穴が目立たないタイプのフックを別途購入して取り付けた。

この製品はピンを刺した後に、白いキャップをはめる仕様になっている。しかしこのキャップの厚みで時計が引っ掛けづらくなるため、頭のキャップは付けずに利用することにした。

同じようなフックが DAISO や Seria にも売っているので、そちらを利用しても良いと思う。

総評

使用感は良好。デザイン性から満足度も高く、とても充実感のある買い物ができた。

レムノスの製品は、デザイナーの顔が見える商品展開をしているから、それだけでも親近感が湧いてくる。かと言って割高なわけでもなく、手の出しやすい価格帯で展開しているのも良心的に思う。総じてデザイン性が高く、実際には同社の製品でどれを買うか数点の候補から迷ったほど。

ちなみに東京都内(茗荷谷)には Lemnos のショールームがあるらしい。時計メーカーが自社のショールームを構えるケースはかなりレアだと思う。もう既に購入済みだけど、機会があったら足を運んでみたい。

最後にもう一度。カラー展開は3色。

Web サイトによって写真の色合いが違って見えるが、今回で掲載した写真は限りなく実物に近い色合いの画像を載せているので参考にして欲しい。

この記事をシェアする

About me

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくり。

ブログランキング・にほんブログ村へ